12-1. 五条・大塔村 司馬さんの旅の時期 1977年9月

① 自転車コース

29-017 R168大塔~R49~川合~R53~R168大塔 約50km

② 紀行テーマ・地点・歴史

天辻峠に、文久三年(1863)九月、天誅組の浪士たちがやってきて防戦のための本営をかまえた。

たしかにこの峠を北方から攻めようと思えば「鳩ノ首」と呼ばれる小峠から小径がひとすじ 通じているにすぎず、ここをふさぐだけでその奥の十津川郷は十分守ることができる。
                                ・・・ 司馬遼太郎

「十津川にゆくには、まず大塔村に入ればいい」河内長野からR310で金剛トンネルを抜けまず五條に入る。 その後、R168を南下し天辻峠を超えて大塔村に至る。

◆五條:旧紀州街道には今でも江戸時代の景観を残す街並みが残っており、
     宿場町として栄えた往時をしのばせる。

◆天辻峠:吉野郡西吉野村と同郡大塔村の境界でり、標高は約800m
     紀ノ川水系と熊野川水系の分水嶺で、西熊野街道の最難所であった

③ コースのポイントと写真

河内長野駅の少し手前から金剛山の山中に入り、山中、観心寺の門前を過ぎ、 小深という山間の集落を経て山頂近くで千早峠のトンネルをぬけ、奈良県側に下って降りてゆくと、 降りきったところが五條だという。・・・ 司馬遼太郎

観心寺門前から小深へ
観心寺門前 観心寺門前 小深

千早峠のトンネル=金剛トンネルを抜け五條に降る
千早峠のトンネル 奈良県側から五條市街を望む 五條市街方面

五條新町
五條新町 五條新町 吉野川

天辻峠の入口
道の駅吉野路 大塔 東側に上る脇道へ入る 天辻峠

天辻峠
天辻峠 天辻峠 天辻峠

天誅組本陣跡・維新歴史公園
天誅組本陣跡 維新歴史公園 維新歴史公園

維新歴史公園
維新歴史公園 維新歴史公園 維新歴史公園

維新歴史公園
維新歴史公園 天辻峠付近の山並み 天辻峠から道の駅を見る



スポンサー リンク





ピックアップ


スポンサー リンク

スポンサー リンク


スポンサー リンク