0-0-6. Raspberry Pi でのプログラミング


Raspberry Pi と Waveshare 3.2inch RPi LCD (V3)。

1. Raspberry Pi に標準で搭載されている言語

① シェルスクリプト
② Ruby
③ Python
④ Peal
⑤ c++
⑥ c

2. Scratch でのプログラミング

① Scratch の起動
 デスクトップの LXDE メニューからプログラミングを選び、Scratch を起動する。

② GPIOを利用する
 sudo wget http://goo.gl/dANpKr -O isgh.sh ←スクリプトをダウンロードして
 										インストールする。
 sudo bash isgh.sh

③ アイコンが追加される
	Scratch GPIO4plus と Scratch GPIO4 の2つのアイコンが追加される。
	Scratch GPIO4 をダブルクリックする。

④ Pin No.でのプログラミングとなる
  GPIO No.ではない。

3. Python でのプログラミング

① プログラムのファイル名
	xxxxx.py
		  |→拡張子に py を付け、Python のプログラムと分かるようにする

② プログラム用フォルダー
 /home/pi/Python_PGM のように、Python のプログラムフォルダーを作っておく。

③ Pythonプログラムで GPIO を利用する
 import RPi.GPIO as GPIO ← スクリプトの最初に、
 							GPIOライブラリの読み込みの行を入れる。
 GPIO.cleanup() ← GPIOを初期化する。
 GPIO.setmode(GPIO.BCM) ← GPIO No. での形式にするか、
	または、
 GPIO.setmode(GPIO.BOARD) ← Pin No. での形式にするか、を決める。

④ Pythonプログラムの実行
 cd /home/pi/Python_PGM
 sudo python xxxxx.py
	または、
 sudo python /home/pi/Python_PGM/xxxxx.py
	
⑤ ファイル名だけで実行できるようにする
 #! /usr/bin/env /usr/bin/python ←プログラムの先頭にこの行を追加しておく。
 # -*- coding: utf-8 -*-  ←使用する文字コードの指定

 chmod +x xxxxx.py ←実行権限を付加する。
 ./xxxxx.py ←これだけで Pythonプログラムの実行ができる。
 
④ Pythonプログラムの中止
     Ctrl キーと c キーを同時に押して、キャンセルする。

4. Ruby でのプログラミング






スポンサー リンク







関連ページ

スポンサー リンク