1. 自転車(バイク)の種類

自転車は、健康維持にもってこいの運動である。どんな自転車があるか、 自転車を細かく定義すると、大変多くのの種類に分けられるが、 健康をテーマに絞ると、下記の種類ぐらいか。目的に合わせて乗り換える。

1. ランドナー(フランス語: Randonneur)

サイクリングや旅行車で、外観はロードレーサーに似ている。
 シティサイクルやマウンテンバイクなどに比べて、
 軽く走ることができるので、遠距離走行に適している。


2. ミニベロ (mini vélo) 小径車

車輪の呼び径が20インチ以下の自転車だが、
 タイヤやホイールのサイズには、色々なものがある。
 ファッション性重視だが、良く進む。
 旅行やポタリング向き。

3. クロスバイク

ロードバイクとマウンテンバイク(MTB)を合わせた自転車。
 シティ車およびマウンテンバイクより軽く走ることができ、
 通勤などの街乗り、 初心者のサイクリング、健康のための運動
 などに使われる。
 走りはロードバイクより重く、マウンテンバイクより軽い。

4. マウンテンバイク(MTB)

山や丘などのオフロードを走るスポーツ又は娯楽用の自転車。
(A)オールマウンテン
(B)クロスカントリー
(C)ダウンヒル
(D)フリーライド

5. ロードバイク

公道 (ロード)で行われる競技(ツール・ド・フランスなど)に
 使われる競技自転車(レーサー)。
 ドロップハンドルが基本。




スポンサー リンク




ピックアップ


スポンサー リンク