4. ロードバイクに乗るために必要なメンテナンスノウハウ

ロードバイクは、乗りっぱなしではダメになる。手入れ、すなわちメンテナンスが必要。  どんな手入れと、技能が必要か。

参考書

1. タイヤのパンク修理

自転車に乗り始めて最初に経験するトラブルが、パンクである。
 パンク修理が出来て初めて自転車に乗れるといってもいい。
 不思議なもので、慣れてくると何故かパンクも起こらなくなる。

2. 落車などによる機材トラブルへの対応

ディレーラーハンガーハンガーが折れる/曲がる。
 リアディレーラーが折れる/曲がる。等の、トラブルを経験。

 これら不測の事態への対応のために、携帯工具を持参すべし。

3. 日常の手入れ

① チェーンの洗浄と注油
 → シフトチェンジがスムーズになる。チェーンが長持ちする。足が汚れない。

② 洗車とワックス
 → 愛車をピカピカにし、新車状態を保つ。

4. 定期的なメンテナンス

① チェーンの交換 ・・・ 交換の目安 3,000km
 → チェーンが延びると、シフトチェンジがスムーズにいかなくなる。

② タイヤの交換 ・・・ 交換の目安 4,500km
 → すり減ったタイヤを使うと、スリップやパンクの危険性が増す。

5. パーツの交換とオーバーホール

① シフトワイヤの交換 ・・・ 交換の目安 5,000km
 → シフトのフィーリングが向上。

② ブレーキワイヤの交換 ・・・ 交換の目安 1万km
 → ワイヤの引きが軽くなる。

③ ブレーキパッドの交換 ・・・ 交換の目安 溝がなくなったとき
 → 制動力が良くなる。

④ ホイールハブのオーバーホール
 → ホイールのスムーズな回転を保つ。

⑤ クランクとBBのオーバーホール
 → クランクは脚力を伝達する要であり、その性能を最高に保つ。

 

スポンサー リンク




関連ページ


スポンサー リンク