4-2. 自転車の空気入れ

自転車のタイヤには、空気を入れなければならない。どんな空気入れが良いか。

自転車の空気入れには、次の種類がある。

■フロアポンプ
 自宅に常備するポンプで、脚で抑えて体重をかけてポンピングできる。
 常時使用しているお気に入りのポンプは、シマノプロの”TEAM"。
 ホースが金属のメッシュで覆われており、目標空気圧がビシッと決まる。

■携帯ポンプ
 走行中のパンクに備えて携行するポンプ。
 フロアポンプのように、少ない回数では空気を入れられない。
 300~600回くらいのポンピングが必要になる。

空気圧換算表

1. フロアポンプ

①.SHIMANO Pro High Pressure Team ・・・ ポンプヘッドをヒラメ横カムに交換


ヒラメポンプヘッドの横カムを使用すると、他のポンプヘッドは使う気になれない。
それぐらい使いやすい優れもの。

②.SHIMANO Pro High Pressure Competition ・・・ ポンプヘッドをヒラメ横カムに交換


バルブには微妙に太さが異なるものや、リムから出ている部分が短かい場合があったりするが、 ヒラメの横カムは、問題なく使える。

③.ディズナ ツーステップ フロアポンプ 530mm ・・・ 全長が短く軽いので遠征に持参


2. 携帯ポンプ

①.Topeak RaceRocket HPX ・・・ ホースが出てバルブへの固定もネジ式で入れやすい

②.Topeak Micro Rocket CB MasterBlaster ・・・ とにかく小さく軽量

③.Topeak Mt. Rocket CBT MasterBlaster

④.ロード用 <マイクロ ロケット CB>のTハンドル仕様

⑤.Topeak Turbo Morph G ゲージ付 太径モーフ ・・・ 足で踏みつけるペダルが折れる

携帯ポンプのサイズ比較


3.空気圧計

使用する機会殆んどなし、何のために購入したのやら・・・
①.PANARACER デュアルヘッド デジタルゲージ

②.TOPEAK シャトル ゲージ




スポンサー リンク




関連ページ


スポンサー リンク


スポンサー リンク