0-2-3. VNC-Viewerの権限と自動起動設定について

TightVNC を利用。

◆VNCサーバーを自動起動するために、起動用のスクリプトを用意する。
 この起動スクリプトに USER=root が指定できる。
 サンプルは下記の通りで、ファイル名は tightvnc にして、/etc/init.d/tightvnc に作成する。

◆起動スクリプト

	#! /bin/bash
	# /etc/init.d/tightvnc
	
	USER=root
	HOME=/root
	
	DISPNO=1       # Display No
	WIDTH=1024     # Display geometry widht
	HEIGHT=768     # Display geometry height
	DEPTH=24       # Use color depth
	
	OPTIONS=":${DISPNO} -geometry ${WIDTH}x${HEIGHT} -depth ${DEPTH}"
	
	export USER HOME
	
	case "$1" in
	    start)
	        echo "Starting TightVNC Server"
	        #Insert your favoured settings for a TightVNC session
	        su $USER -c "/usr/bin/tightvncserver ${OPTIONS}"
	        ;;
	
	    stop)
	        echo "Stopping VNC Server"
 	       su $USER -c "/usr/bin/tightvncserver -kill :$DISPLAYNO"
	        ;;
	
	    *)
	        echo "Usage: /etc/init.d/tightvnc {start|stop}"
	        exit 1
	        ;;
	esac
	
	exit 0


◆その後、権限を付与 → sudo chmod +x /etc/init.d/tightvnc
◆自動起動設定をする → sudo update-rc.d tightvnc defaults




スポンサー リンク




関連ページ

スポンサー リンク