2-11. Raspbian Jessie with PIXEL のセットアップ要領

Jessie 2016-11-25 version の img ファイルからインストールした。
『prt sc』キーで、画面がキャプチャー出来るソフトが既にセットアップされている。
Raspbian Jessieの初回起動は、いきなりX WindowsのGUI環境が立ち上がる。

1. Raspi-configを起動

Raspi-configを起動

2. Systemタブの設定




① Expand Filesystem:
 SD カードの空き領域をハードディスク(ルートファイルシステム)として使う
  → 【設定する】
② Change Password:
 ユーザ名 pi のパスワードを設定する。デフォルトでは 【raspberry】
  → 【xxxxxxx】
③ ホスト名 → 【yyyyyyy】
④ To CLI の選択
  To CLI の選択で、次回からはいきなりGUIは立ち上がらず、
   CUIの地味な画面でユーザ名とパスワードを入力してログインすることになる。
 
Expand Filesystem 後の画面


Change Password 後の画面


OK 後 Reboot


3. Interfacesの設定

SSH: SSH によるログインのみ【Enabled】とする


4. Localisationの設定

①.Set Locale



②.Set Timezone: 時間帯を設定する
 【Area/Asia】とする
 【Locatin/Tokyo】とする


③.Set Keyboard Layout: キーボードを設定する
 Country : Japan に
 Variant : Japanese(OADG 109A)


④.Set WiFi country


ここで一旦、reboot


5. ipアドレスの固定化

できるだけ早い時点で固定化し、SSHで作業できるようにする。
Raspbian jessie での固定IPアドレス設定は、/etc/dhcpcd.conf ファイルの最下部に、以下を追記。

sudo nano /etc/dhcpcd.conf

interface eth0
static ip_address=192.168.11.105/24
static routers=192.168.11.1
static domain_name_servers=192.168.11.1

sudo reboot

sudo ifconfig -a

ここからは、SSHでの作業

6. 日本語化再設定

この時点で、デスクトップの日本語化は、できている


しかし、CLIモードでの文字化けと、キーボードから”_”文字の入力ができない。

sudo raspi-config
◆Change Locale: ロケール(文字コード等)を設定する
  en_US.UTF-8 と ja_JP.UTF-8 を選択する
  デフォルトは en_US.UTF-8 としておく】 ← これがポイント!
◆Change Keyboard Layout: キーボードを設定する
  (日本語キーボードの場合は “Generic 105-key (Intl) PC” > “Others” >
   "Japanese" > "Japanese" ...)】
◆X-Window も再設定する必要がある。
  Preference → Raspberry Pi Configuration → Localization → ja JP UTF-8 → OK → reboot
 

7. ディスプレイの設定

sudo nano /boot/config.txt の編集

先頭行に追加その他は、#をとる
hdmi_ignore_edid=0xa5000080
Disable_overscan=1
hdmi_group=2
hdmi_mode=35



スポンサー リンク




関連ページ

スポンサー リンク


スポンサー リンク