2-16. nginx Webサーバーへの WordPress のセットアップ


nginx + php5-fpm それに mysql-server + php5-mysql で構築した Web Server に、
WordPress をセットアップ。

1. 新サーバにファイルを丸ごとアップロードする


旧サーバからダウンロードした
wordpress関連のファイル一式を
新サーバのディレクトリにアップロードする。

必要に応じて 、
パーミッションの変更を行う。
・・・これが、結構厄介。

2. root で SSH へのログインを許可

セキュリティ対策を一時解除。

sudo nano /etc/ssh/sshd_config

PermitRootLogin no

PermitRootLogin yes ← 変更 (rootでのログインを許可)

#PasswordAuthentication no

PasswordAuthentication yes ← 変更 (パスワード認証でのログインを許可)

sudo reboot

3. MySQL データベースの作成

①.セキュリティ対策として、以下のスクリプトを実行。

# mysql_secure_installation

Enter current password for root (enter for none): xyz12345
 ← パッケージ導入時に指定したパスワードを入力
Change the root password? [Y/n] n
Remove anonymous users? [Y/n] y
Disallow root login remotely? [Y/n] y
Remove test database and access to it? [Y/n] y
Reload privilege tables now? [Y/n] y
Thanks for using MySQL!

②.WordPress用データベースを作成。

# mysql -uroot –pxyz12345
「-u」の後にユーザー名を、「-p」の後にパスワードを、間隔をあけずに入力する

データベース名: wpdb ユーザ名: wpdbadmin パスワード: wpxyz12345 の設定
mysql> create database wpdb;
mysql> GRANT ALL ON wpdb.* TO 'wpdbadmin'@'%' IDENTIFIED BY 'wpxyz12345'
 WITH GRANT OPTION;
mysql> flush privileges;
mysql> exit ← mysqlの終了

③.wordpress管理画面に接続出来るかを確認する。
  http://192.168.11.xxx/wordpress/wp-admin/install.php
 にアクセスし、インストール画面が出てくればOK。


4. PHP関連ファイルの編集と設定

phpMyAdmin で SQLファイルをインポートするとき、
『アップロードしようとしたファイルが大きすぎるようです』
というエラーが出る対策を含めた設定を以下に記述。

①.sudo nano /etc/php5/fpm/php.ini の編集。

・679行目付近 文字コードの設定 → 元々こうなっているので確認。
default_charset = "UTF-8"

・894行目付近 タイムゾーンの設定 ← コメントを外し修正。
date.timezone = "Asia/Tokyo"

・1715行目付近 マルチバイト対応(mbstring)の言語設定 ← コメントを外す。
mbstring.language = Japanese

・820行目付近 アップロードできるファイルのサイズの最大値
upload_max_filesize = 512M

・660行目付近 POSTすることのできるデータの最大値
post_max_size = 512M

・393行目付近 スクリプトが確保できるメモリの最大値
memory_limit = 512M

この時、上記の値が以下の関係であることに注意してください。
upload_max_filesize ≦ post_max_size ≦ memory_limit

・372行目付近
max_execution_time = 300

②.sudo nano /etc/nginx/nginx.conf の編集。

・19行目付近
keepalive_timeout 600;

③.sudo nano /etc/php5/fpm/pool.d/www.conf の編集。

・328行目付近
request_terminate_timeout = 300

④.sudo nano /etc/nginx/sites-available/default の再編集。

# example.com setting
server {
	listen       80;
	server_name  example.com;
	access_log   /var/log/nginx/access.log main;
	error_log    /var/log/nginx/error.log info;
	root         /var/www/nginx;

	# デフォルト 60秒を300秒までアップします。
	fastcgi_read_timeout 300; 
	...
}

4. phpMyadmin のインストールとSQLデータベースのインポート

	①.sudo apt-get install phpmyadmin
	Web-server selection の画面で Apache か lighttpd かどちらのサーバーかと、
	と聞いてくるが、どちらでもないので、チェックを外しておく。
	パスワードを合計3回聞いてくるので、MySQL を導入した時と同じモノを入力しておく。
	
	②.リンクを貼る
	ln -s /usr/share/phpmyadmin /home/yaopi/www
	
	③.URLを次のように入力すれば、phpMyadmin の画面が表示される。
	http://192.168.11.xxx/phpMyAdmin/index.php
	
	④.phpMyadmin を使用して、データベース "wpdb" をインポートする。
	インポートは正常に終了しました。394 個のクエリを実行しました。 (wpdb.sql)
	と、表示されれば成功!。
	

5. その他設定

①.セキュリティの一時解除を戻す。

②.wordpress の『更新』でパーミッションエラーになるので、
  パーミッションを変更しておく。

	 chmod -R 707 wp-admin
	 chmod -R 707 wp-includes
	 chmod -R 707 readme.html
	 chmod -R 707 wp-config-sample.php
	


スポンサー リンク




関連ページ


スポンサー リンク

スポンサー リンク