2-15. nginx での Webサーバー の構築


nginx + php5-fpm それに mysql-server + php5-mysql で Web Server を構築。

1. nginx をインストールする

sudo apt-get install nginx

192.168.11.xxx にアクセス OKなら Welcome to nginx が表示される。

2. PHP をインストールする

sudo apt-get install php5 php5-gd php5-fpm

3. MySQL をインストールする

sudo apt-get install mysql-server php5-mysql

MySQL “root” User Password → pppp

4. 現在稼働中の default に置き換える。

①.サイトのルートディレクトリーを作成。

mkdir /home/yaopi/www

②./etc/nginx/sites-available/default を rename してバックアップし、
  現在稼働中の default に置き換える。


③.サイトを有効にするため、シンボリックリンクを張る。

sudo ln -s /etc/nginx/sites-available/yaopi /etc/nginx/sites-enabled/

5. nginx でPHPを利用できるように設定

① sudo nano /etc/nginx/sites-available/default の再編集
 fastcgi_param の追加。

location ~ \.php$ {
		fastcgi_split_path_info ^(.+\.php)(/.+)$;
		# NOTE: You should have "cgi.fix_pathinfo = 0;" in php.ini
	
		# With php5-cgi alone:
	#	fastcgi_pass 127.0.0.1:9000;
		# With php5-fpm:
		fastcgi_pass unix:/var/run/php5-fpm.sock;
		fastcgi_index index.php;
		fastcgi_param SCRIPT_FILENAME $document_root$fastcgi_script_name;
		include fastcgi_params;
	}

fastcgi_param を追加しなければ、html は動くが php の画面が真っ白になる。


② sudo nano /etc/php5/fpm/php.ini の編集

nginx でPHPを利用できるようにして cgi を有効にする。
771行目 → cgi.fix_pathinfo=0

③ sudo nano /etc/php5/fpm/pool.d/www.conf の編集

411行目コメントを外す
php_admin_value[memory_limit] = 32M 余裕がある人は64Mでもいいかも

6. 新サーバに www ファイルを丸ごとアップロード

旧サーバからダウンロードした www コンテンツ関連のファイル一式を
新サーバのサイトディレクトリにアップロードする。

7. 稼働確認

Nginxの設定ファイルに問題が無いかチェック
sudo nginx -t

設定再読み
sudo nginx -s reload

Nginx再起動
sudo service nginx restart

自動起動設定 
sudo update-rc.d nginx defaults

サイトの確認
192.168.11.xxx



スポンサー リンク




関連ページ


スポンサー リンク


スポンサー リンク