1-3-1. ロードバイクの軽量化


  軽量化、ロードバイクにハマると、一度はかかる麻疹のような病気。
  いずれは治るが、一度かかって免疫を付けなければならない。
  なぜ、どうしたら治るのかわからないが、費用対効果の問題ではない。
   ・軽いから、速いわけでもない。
   ・軽いから、山が楽なわけでもない。
  速く走る辛さ、山を登る苦しさは、同じであると気づく。
  それでも、軽くしたいという欲求だけは常に頭をもたげてくる。

1. パーツの重量構成

パーツの重量比率は下図のようになっています。
当然比率が大きいものから軽量化を考えます。

2. どこから軽量化すべきか

一番は、フレームが軽い方がいい。
 構成比率から見ると次がホイールで、そしてコンポ。
 
 特に、車輪周りはチューブラーのタイヤとホイールでも、
 全体の28%もの比重を占めている。
 しかし日常的に、カーボンのチューブラーで走るわけにはいかない。

 その次からはどれもドングリの背比べで、
 それぞれグラム単位での軽量化努力となる。
 
 そんな涙ぐましい努力をするぐらいなら、
 できるだけ余計なものを装着しないことだと思うが、
 レースをやっているわけではなく、楽しむためとなれば、
 GARMIN VIRB 178g を付けることとなる。
 これ単独で 178g もあり、他にもクレドール等が増加するわけで、
 あまり軽量化にこだわるべきではない???



スポンサー リンク





関連ページ

スポンサー リンク


スポンサー リンク