6-7-2-1. ホームページの作成手順

ホームページを作り公開すると、更新 が生活の目標になる

0. ホームページの作成と公開

ホームページの作成;下図の 1 2 3
 Windowsパソコンでホームページを作成し、内容を確認。

ホームページの公開:下図の 4
 Web Server にアップロードし、どこからでも見えるようにする。

1. HTML ファイルの作成

①.テキストエディターというソフトを使って、HTMLという言語で、ウェブ上に表示させる文書を 作成する。aaa.html というような拡張子になる。
一番最初に表示したい文書は、index.html というファイル名にする。
 ※ HTML:HyperText Markup Language(ハイパーテキスト マークアップ ランゲージ)

②.HTMLで作った要素を装飾するスタイル=デザインを指定するために、CSSと言う言語がある。 HTML内に記述してもよいし、ddd.css のように外部記述にし、link で呼び込んで使用することもできる。
 ※ CSS:Cascading Style Sheets(カスケーディング・スタイル・シート)

③.「HTML」ではWEBページの「構造」を、「CSS」ではWEBページの「デザイン」を、「JavaScript」は、WEBページの 「動き」を作ることができる言語。
 HTML内に記述してもよいし、eee.js のように外部記述にし、script src= で呼び込んで使用することもできる。

④.PHPと言う言語もあり、画面に入力欄があり、動的にHTMLデータを生成したり, データベースとの連携を取る必要があるときには便利。ccc.php というような拡張子にする。
 ※ PHP: Hypertext Preprocessor(ハイパーテキスト プリプロセッサー)

2. Web Server を Windowsパソコン内に作る

作成した HTML ファイルが、Web上でどのように見え・動作するか確認する必要があるが、 このために、一々本番用=公開サーバーにアップロードする訳にはいかない。

HTMLエディタの中には、Webイメージが表示されるものもあるが、PHPを使ったり、データベースを使用している場合、 本番環境と同じものが必要となる。

XAMPP というソフトを利用すれば、Windows パソコンの中に、Web サーバーの世界に必要なすべての機能が すぐ使えるサーバー環境を簡単に構築する事ができる。

3. Windowsパソコンでの確認

ブラウザで URLを、http://localhost/phppgm/ と入力すれば、作成した HTML ファイルが見れる。 ”phppgm”は、html ファイルの保存先フォルダー名で、自由に作成可。

4. 公開のためのアップロード

作成した HTML ファイルが、Web上でどのように見え・動作するかが確認出来たら、 本番用=公開サーバーにアップロードする。




スポンサー リンク





開発ノウハウ等


スポンサー リンク