6-7-1. 開発環境と本番環境の構築要領 ノウハウ集

開発環境と本番環境の構築 及び Webサーバーの設定に関するノウハウ集。

phpMyAdmin MySQLデータをサーバー上からインポートする
サーバー上へファイルを一旦アップロードし、
サーバー上では、MySQLからのインポート処理のみを行うように設定。
URL変更時の 301リダイレクト 方法
URL変更時の 301リダイレクト はユーザーにもSEOにも重要。
特定のページへのアクセスを、指定したURLに自動転送。
『SSLなう!』で取得した証明書の更新
証明書の有効期間は3ヶ月なので更新が必要とのこと。
手作業にて証明書を再取得し、再登録を行った。
HTMLの共通部分を外部化してメンテナンス性を高める
サイドバーに表示している『関連記事が共通するページ』が多くなったので、
外部化してメンテナンス性を高めることにした。
Let's Encrypt の証明書で nginx を HTTPS化し SSL通信にする
Raspberry Pi nginx で構築した Webサーバーを HTTP/2化し、
無料で 『セキュリティ評価:A+』 を取得。
nginx Webサーバーのバージョンアップ
nginx + php5-fpm それに mysql-server + php5-mysql で稼働中の、
Webサーバーを、OSから全面的にバージョンアップした。
nginx での Basic認証 の設定方法
特定の人にしか見せたくないサブディレクトリーを作り、
この中のページにだけセキュリティをかけた。
URLエラーを無くす robots.txt の作り方
robots.txt は、特定のファイルやディレクトリをクロール禁止に指定することで、これらの関連ページや画像などを、
検索エンジンにインデックスさせないようにすることができる。
プラグインなし 手動での サイトマップの作り方
XMLサイトマップは、サイト内の各ページのURLや優先度、最終更新日、更新頻度などを記述したXML形式のファイル。
このサイトマップを手作業で作成する方法。
XAMPP のセキュリティ対策
MySQLのrootパスワードが設定されていない。
phpMyAdminの認証設定がなされていない。
開発環境から本番環境へのデプロイ要領
FileZilla の 『ファイル』→『サイトマネージャ』で"新しいサイト"を作成し、
『詳細』で『既定のローカルディレクトリ』と『既定のリモートディレクトリ』を設定しておくと便利。
開発環境の構築要領
XAMPPというフリーソフトを使って、ローカル環境にホームページ開発用の擬似的なサーバーを作る。 さらに、XAMPPのドキュメントルートを変更し、ホームページの場所を C ドライブ以外にする。



スポンサー リンク




関連ページ

スポンサー リンク