6-7-1-3. URL変更時の 301リダイレクト 方法

ウェブサイトのリニューアルで、ディレクトリ名や一部のページのファイル名(HTMLのファイル名)を変更し、 ページのURLが変わった時、適切なリダイレクト設定が必要である。

特定のページへのアクセスを、指定したURLに自動転送。

URL変更時の 301リダイレクト は、ユーザーにもSEOにも重要。



★ 検索結果には、元のhtml(old.html)が表示されており、(old.html)がなければ 500エラー になるし、あれば古い内容が表示される結果となる。
★ Search Console の検索アナリティクスには、元のhtml(old.html)へのアクセス件数が表示されている。

この 301リダイレクト 設定には2つの方法がある。

1.元のhtml(old.html)を残し、新しいhtml(new.html)と併存させる方法。
2.元のhtml(old.html)を削除し、新しいhtml(new.html)だけにする場合。

1.元のhtml(old.html)を残し、新しいhtml(new.html)と併存させる方法。

元のhtml(old.html)の、<head>~</head>の内に下記処置を施す。
その他は空でよい。


①. 「link rel=”canonical”」タグで、検索エンジン(クローラー)に対して「代替先のページ」を指定する。

<link rel=”canonical” href=”●●●●●.html”>


②. HTMLにmeta要素(タグ)を書いて、新しいhtmlに自動転送する。

<meta http-equiv=”refresh” content=”1;URL=https://arakan60.mydns.jp/04kousaku/●●●●●.htm”>


1;は自動転送までの時間(1秒) URL= は転送先

元のhtml(old.html)の実物サンプル。(<head>部分のみ記述。その他は空。)

<!DOCTYPE HTML PUBLIC"-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN">
<html>
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" lang="ja">

<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8" />
<link rel="stylesheet" type="text/css" href="../css/cyclelife.css" />
<link rel="stylesheet" type="text/css" href="../css/cont-table.css" />
<title>更新が出来ないトラブルへの対応:パーミッションを変更</title>

<!-- 04kousaku/69-311trpermission1.html のページURL変更 -->
<link rel="canonical" href="69-16trpermission1.php">
<meta http-equiv="refresh" content="1;URL=https://arakan60.mydns.jp/04kousaku/69-16trpermission1.php">

</head>

<body>

</body>
</html>
	

2.元のhtml(old.html)を削除し、新しいhtml(new.html)だけにする場合。

nginx の default ファイルを編集して、nginx でリダイレクトさせる。

# sudo nano /etc/nginx/sites-available/default

server {
 listen 443;
 ssl on;
 server_name arakan60.mydns.jp;
 root /home/yaopi/www;

 rewrite ^/リダイレクト元 https://arakan60.mydns.jp/リダイレクト先 permanent;

}

実際の記述。
rewrite ^/03bike/302-01syoukeitire.html https://arakan60.mydns.jp/03bike/12-01syoukeitire.html permanent;



スポンサー リンク




関連ページ


スポンサー リンク