2-5. コンポーネント

1. コンポーネントの種類と名称

2. コンポーネントの動向

① 電動化
  電動だと変速のタッチが軽く、ワンタッチでミス無くシャキッと変速するそうだ。
  ワイヤーも伸びないし、調整不要だし、唯一のデメリットは、”充電”だそうだ。

② 11速化
  11速化すると、「ギアとギアの段差」が小さくなり脚への負担が少なくなるそうだ。
  シマノは、11速に統一し10速はなくすそうだ。

高い、他のバイクとの互換性がなくなる、それに34Tだし・・・と、二の足を踏んでいる。

3. コンポーネントメーカーと製品名

Dura-Ace:SHIMANO最高のロードバイクコンポーネント。重量:2044g
 ULTEGRA:デュラエースの一つ下のモデル。重量:2313g
 105:スポーツとしてロードバイクを楽しみたい方向け。重量:2516g

Super Record:カンパニョーロの最高級グレードコンポ。重量:1885g
 Record:かつては『レコード』が最上位グレードだった。重量:1984g
 Chorus:中級者向けコンポーネント。重量:2106g
 Athena:「カンパニョーロらしさ」を堪能できるコンポ。重量:2188g

Red:SRAMの旗艦モデル。重量:1926g
 Force:アルテグラと同じ階層の商品。重量:2109g
 Rival:SRAMの3番目のコンポーネント。重量:2187g
 Apex:コンパクトやトリプルを好むライダーをターゲットとしている。重量:2384g



スポンサー リンク





ピックアップ


スポンサー リンク